体外衝撃波疼痛治療|皆様の家庭医として【新庄整形外科医院】

電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.093-791-7111
〒808-0102 北九州市若松区東二島4-4-1

自然治癒力を増大させる治療法 再生医療【PRP療法・APS療法】

再生医療【PRP療法・APS療法】のポイント

◎自身の血液を使うので安全性が高く、体への負担が少ない。
◎患部に注入するので、手術せず日帰りで治療ができます。
◎自然治癒を高め患部を修復するので、長期間効果が期待できます。

体外衝撃波疼痛治療のポイント

◎体外から患部に衝撃波を当てて疼痛をとる新しい治療法です。
◎麻酔などは不要で傷跡は残りません。
◎外来通院で治療を行うことが可能です。

体外衝撃波疼痛治療の詳細

【PRP療法・APS療法】+【体外衝撃波疼痛治療】の組み合わせ適用疾患

●足底筋膜炎
●アキレス腱炎
●膝蓋靱帯炎
●肩(腱板損傷)

※治療の組み合わせができない疾患や部位があります。
※また、症状によっては単体の治療を行う場合があります。

PRP療法(第3種)

PRP(Plate Rich Plasma)とは、多血小板血漿の略で、壊れた組織の修復を促す血漿です。肉離れや骨折などのスポーツ外傷、アキレス腱炎などのスポーツ障害の完治を目的とします。採取した血液を遠心分離機にかけてPRPを抽出し、抽出されたPRPを靱帯や腱に注入します。PRP療法を行う回数に特に決まりはありませんが、早期治癒を目的とした肉離れなどに対しては通常1〜2回の治療を行います。腱炎など難治性のスポーツ障害は、効果の現れ方に個人差があり治療回数もさまざまですが、2〜3回の治療を行う方が多いです。

PRP適用疾患

●筋損傷(肉離れ)
●骨折
●アキレス腱炎
●上腕骨外上顆炎(テニス肘)
●膝蓋靱帯炎
●足底筋膜炎

効果の期間

即効性はありませんが、徐々に組織の修復が行われます。
●効果の最大化は、2~3か月

遠心分離機

PRP(多血小板血漿)

APS療法(第2種)

次世代PRPと呼ばれ、上記PRPを専用機器によって抗炎症サイトカインを高めたPRP(APS)を抽出します。関節内に注入することが多く、変形性関節症(膝)では軟骨がすり減り、炎症が強い状態です。そこにAPS(抗炎症サイトカイン)を関節内に注入することで炎症を抑え、痛みを軽減、軟骨の破壊を抑えるといった正しい関節内のバランスに戻します。

APS適用疾患

●肩、手関節、膝、足関節の関節症

効果の期間

即効性はありませんが、徐々に組織の修復が行われます。
●効果の最大化は、3~6か月

APS(抗炎症サイトカイン)抽出キット

PRP療法・APS療法のメリットとデメリット

メリット

自己血液を使うために安全性も高く、体に負担の少ない治療法です。人が本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を引き出し、患部の治癒を促します。

デメリット

自由診療のため患者様の治療費負担が大きくなることです。 また、患者様ご自身の血液を使用するため体調や年齢などに左右され、場合によっては安定した効果が出にくいといった欠点があります。施術時、患部への注入には痛みを伴います。施術後数日間、治療部位に腫れ・痛み・熱感が出ます。腫れは治療部位によっては1週間程度続くことがあります。採血部位・治療部位に皮下出血が起こる場合があります。

電話でのご予約・お問い合わせは  TEL.093-791-7111